ピンクサロンという風俗の求人情報とそのサービス内容について

■ピンサロって何?

繁華街に派手な電飾の看板が置かれて店の前で黒服を着た男性がお客の呼び込みをしている場面をよく目にします。その多くがピンクサロン、いわゆる「ピンサロ」です。

日本全国の多くの繁華街に存在していて、酔客が興味本位で入店している様を見るのもしばしばです。店の多くは雑居ビルの一階に店舗を構えており、店内はそれほど広くはありません。

スナックやクラブ(ホステスなどのいるほう)などと店のつくりは似ていて、複数のボックス席が設けられています。ただそれらの席は簡単な壁やカーテンなどで仕切られており、簡易的な個室状態になっているのが、一般的なスナックやクラブとは異なる点です。

ピンクサロンという風俗の求人情報とそのサービス内容について

また、照明はかなり暗く、明るいところから入ってくると目が慣れるまで周りが見えないこともあるほどです。男性客が席に着くと、ピンサロ嬢が隣に座って性的サービスを含む接客を行ってくれます。

アルコールも提供してくれますが食事を出してくれる店はほとんどありませんし、客もそれを求めていません。

■地域によって呼び名が異なる

ピンサロの営業は他の風俗業と同様、基本的には夕方から深夜の間ですが、「昼サロ」と呼ばれる昼間も営業しているピンサロもあります。
昼サロは夜の客層と比べると若干異なりますが、サービス内容は同じものを提供しながらも料金を割安の設定にしている店が多くを占めているようです。
ピンサロ嬢の風俗求人は、風俗求人情報サイトをチェックするのが最も効率的です。
ただし名古屋ではピンサロと呼ばずに「キャンパブ」(キャンパスパブの略)といったり、別の地域では素人キャバクラやコスプレキャバクラ、セクキャバを指すこともあるので注意が必要です。
風俗求人に応募する際には、しっかりと内容を確認するようにしましょう。

安全に働くために重要なことを風俗求人情報サイトで確認しておく

風俗で働くとなると、心の準備が必要になります。
履歴書など、堅苦しい書類は不要なので、準備するものと言えば、顔写真付きの身分証ぐらいなんですが、年齢確認と本人確認はとても重要なので、忘れないようにしましょう。

30代・40代でも、若く見える人はいます。
自分では身分証なんて必要ないだろうと思っても、周囲は実際の年齢がわからないという感じになると、本当に18歳以上でも年齢確認ができなければ働かせてもらえないので、確実に準備しておくようにしましょう。

お店によっては、ルックスで年齢を判断するケースもあるようですが、本当に童顔な方は身分証ナシでの面接はできないはずなので、気をつけるようにして下さい。

働く女性の年齢については厳しくなっていますので微妙な女性は風俗店のサイトをしっかりチェック!

風俗で働くためには、年齢の確認が必須です。
18歳未満の女性を働かせてしまえば、大変な問題になってしまいますので、こういう点はしっかりとしているお店で働かないと、トラブルが発生した時に、巻き添えを食らってしまうことになり、事情聴取などされてしまうこともあるので、安全なお店で働くようにしましょう。
ちょっと確認の足りないお店だと、18歳の高校生を働かせている場合もありますので、こういうお店には注意した方がいいと思います。

更新情報

2015-07-15
性病の危険性について言及している風俗求人情報サイトは良心的を新規投稿しました。
2015-07-10
運営者インフォメーションを新規投稿しました。
2015-06-08
サイトへのお問い合わせを新規投稿しました。
2015-06-01
ページ一覧を新規投稿しました。
2015-06-01
ピンクサロンという風俗の求人情報とそのサービス内容についての情報を更新しました。
ページ上に戻る